新型コロナウイルス拡散が速やかに収束されますように!
■トピックス ■おすすめ盤
2021-09-09
元気でいてほしい
大阪12日のなにわブルースフェスティバルは中止になりました。懐かしい人たちに会えるのを楽しみにしていたのに残念でした。咽頭癌から復帰した有山じゅんじの歌を聞きたかったのに。森園のギターも楽しみだったのに。
来年までこのメンバーが元気でいてほしい。
26日の所沢音楽祭は野外から場所を変えてミューズホールで開催することになりました。人数制限でチケットは完売ですがともかくできる事が感謝。コロナ禍のどんよりした雰囲気を吹き飛ばして街に希望と元気をもたらすライブになりますように。
2021-09-09 (Thu) 小坂 忠

2021-08-31
2017年8月31日
娘に言われて四年前の今日が手術日だった事を思い出した。
あれから四年になるんだ。しかしこの四年間は人生の中でも特別だった。
大腸癌ステージ4の宣告、胃癌と胆嚢を切除した10時間の大手術。それでも翌年には5,000人のコンサートで歌い、教会のメッセージも守られてきた。最愛の孫の死、そして今年は転移した大腿骨癌の手術。歩けなくなる不安があった。
それでも歌っている。苦しみからいろんな事を学んだ。苦しみからしか学べない事が沢山ある。今日は僕の特別な記念日。感謝。
2021-08-31 (Tue) 小坂 忠

2021-08-17
久しぶりのライブ
三宅伸治が京都の磔磔で三日間のライブを行った。僕は初日のゲストに呼ばれて
久しぶりに歌った。やっぱり歌えるっていいね。
家にいると体の状況が気になったり、手術した足の状態が思うように回復しない
事に焦った思いをもったり精神的に弱気が出てくる時がある。絶対に負けるもの
かと気持ちを切り替える、そんな闘いの毎日だ。それが歌っていると全く頭から
消えているのだ。身体の細胞の一つ一つが生き返ってくる。楽しくてしようがな
かった。呼んでくれた三宅君に感謝だ。コロナで奪われた歌う喜びを取り戻して
くれたのはやはり人間関係なんだ。
2021-08-17 (Tue) 小坂 忠

2021-08-12
恩師
先週の木曜日から京都、三重県四日市、静岡県浜松市と夫婦でミニトリップ。
コロナ禍でずっと会えなかった浜松在住の私達の恩師バーニ・マーシュ師、川島輝子師を訪ねました。この先生からの賛美と礼拝についての聖書の学びは今の私達の働きの背骨になっているのです。二十代で日本に来て70年近くも日本のために労して下さっています。先生の日本への愛は今も変わらない。クリスチャンとしての生き方のお手本です。結婚50年の年に良い思い出を作れました。
2021-08-12 (Thu) 小坂 忠

2021-07-27
悲しい知らせ
悲しい知らせがあった。長く闘病していた中野督夫が逝った。状態が悪かったり、コロナ禍で見舞いに行く事もできなかった。完熟トリオで一緒にやれた事はいい思い出だ。うるさいけど憎めないやつ。酒が彼の人生を奪ってしまった。残念だ。フジロックに出演した事、東北の震災のあと一緒に被災地をまわってコンサートした事、教会で餅つきをやった時は仲間を連れて真っ先にやって来てくれた事、いい思い出だけを心に残しておこう。
2021-07-27 (Tue) 小坂 忠

column-r
column-b