関西の台風被害、北海道地震の被災地の方々にお見舞い申し上げます。速やかな災害対策、被災者救援、支援がなされますようお祈り申し上げます。
■トピックス ■おすすめ盤
クリスマスインピース(CIP)コンサート
17年間続けた所沢ミューズでのコンサートですが、耐震改装工事中のため今年は教会です。小さな教会ですが温かいコンサートになります。ギターサポートは佐藤カッチン。エイジアとも歌います。
http://www.hat.hi-ho.ne.jp/~fsq-akitsu/cip2018.html
2018-12-15 (Sat) 小坂 忠

クリスマスコンサート
日曜日、礼拝の後、急いで恵比寿へ向かった。救世軍渋谷小隊でのクリスマスチャペルコンサートだ。救世軍では教会を小隊という。僕の祖母は救世軍のクリスチャンだった。その祖母を知っている人もいて懐かしい話を聞かせてくれた。恵比寿と代官山の間というロケーションの良い場所なので。通りすがりの人も入ってこられて会堂はいっぱいになった。やはりクリスマスはいいですね。明日は大阪の桃山学院教育大学でチャペルコンサートです。
2018-12-11 (Tue) 小坂 忠

ゲストアーティスト
さかいゆうさんはビルボードツアーのゲストを務めるなど、小坂をリスペクトする若手の一人。「氷雨月のスケッチ」を情熱を込めて弾き語る。続けて田島貴男さんは「流星都市」をダイナミックに表現。呼び込まれた槇原敬之さんは新たなアレンジで「ふうらい坊」と「機関車」をポップに歌い、続くCharさんはギターソロ交えながら「Hot or Cold」。共に長いキャリヤを持つが共演の機会は少なかった。松任谷&武部マジックだ。
2018-12-10 (Mon) スタッフ

オープニングからフォージョーハーフ
ゴスペルクワイヤのハミングのなか、プロデューサーの武部聡志さんのオープニングコメントでAsiahが紹介され、武部さんのピアノで「Unforgettable」を歌い、父・小坂忠とフォージョーハーフを呼び込む。「好きなんだから」~「どろんこまつり」の後は高橋幸宏さんを加えて「からす」。45年振りの演奏は、のどかな狭山時代を彷彿とさせた。
2018-12-06 (Thu) スタッフ

SONGS&FRIENDS
奇跡のコンサートのラストシーン。どうしてもこの人達を紹介して感謝したかった。「ほうろう」のオリジナルプロデューサー細野君と、このコンサートの総合演出松任谷君、後ろでピアノを弾いているプロデューサーの武部君。この人達がいなかったら生まれなかったコンサートでした。そして妻と娘のエイジア、この家族の愛に支えられてきた。最後に忘れてならないのは奇跡の出会い、イエス・キリストに出会わなかったら今の自分はいなかった。
2018-12-03 (Mon) 小坂 忠

column-r
column-b