top page extra library

essayeventweekly chu's dayguest book


 extra libraryのtopへ

写真レポート
『年末ライヴ:
40th Anniversary "TALK & LIVE"「まだ夢の続き」』

そんなわけでCiPの余韻も冷めやらぬうちに、ついに2日連続の年末ライブです。祝デビュー40周年〜!

40周年記念というだけあって、忠さんがひとりで弾き語りで歌うコーナーあり、バンドとのコーナーありの盛りだくさんのライブでしたが、しかし何と言っても今回の2daysは単なるライブではなく「トーク&ライブ」! 忠さんと関わりの深いミュージシャンをゲストに招き、あれこれおしゃべりをしながら仲良く歌うという、とてもアットホームなイベントでした。そこで今回のレポートでは、トークの文字起こしをメインにお届けしたいと思います♪







(編集注:前編・中編後編 と3部に分けてお届けします。)


<前編>

1人目のお客様:高野寛 (2006年12月27日)



小坂:えーと…高野くんとは…出会いは、確か細野くんの
   NHKかなんかのライブで一緒にやったんだよね?

高野:僕もさっきからそれを思い出そうとしてたんですけど…
   2001年…かな?『細野晴臣イエローマジックショー』
   っていうすごい豪華な番組があって、

小坂:それで一緒にやったんだよね。確か"ほうろう"をやって。

高野:そうですね、そのバックで僕もギター弾かせていただいて。
   あとは"ありがとう"も歌いました。



歌った曲は"夢を聞かせて"と"サヨナラCOLOR"。忠さんはこの曲を「小坂忠&NEWBLOODツアー」(高野さん、堂島孝平、Super Butter Dogをバックバンドに従えて2004年に行われた忠さんの全国ツアー)の時に初めて知ったそうですが…

小坂:あのツアー、面白かったよね。キツかったけど(笑)。

高野:やー忠さんがいちばん大変だったんですよね、
   スケジュールきつくて。

(註:このツアーの初日がちょうどイースターにバッティングしていて、しかも他にも牧師としての仕事がいろいろあった忠さんはヒジョーに忙しかったのです)

小坂:そうだよ、もう誰も俺のことなんて考えてくれない(会場笑)。
   でも、その時高野くんもね。僕と若いミュージシャンの間に
   挟まって、大変だったよね。

高野:もう、あの時以来「日本ポップス界の中間管理職」って
   呼ばれてます。(会場笑)

そしてもう1曲、"十字路に降る雪"。これは高野さんの未発表曲ですが、毎年CiPでは忠さんと高野さんが二人で歌うのが恒例となっています。そんなわけでこれを聴くと、「ああ今年ももうすぐ終わりだなぁ」と思うワタクシです(^^)今年も最後にこの曲を聴けてよかった!




2人目のお客様:鈴木茂 (2006年12月27日)



小坂:えーと、僕らが初めて出会ったのは、まだ僕がフローラル
   やってた頃で…野上くんの家の新年パーティーかなんかに
   呼ばれて、一緒にセッションやったんだよね?
   そこで初めて会ったんですけど、

鈴木:…あの時が初対面でしたっけ。

小坂:じゃない?その前ってあったっけ??

鈴木:ああ、えーと…。

   僕と林立夫くんと細野さんで、バンドをやってたんですよ。
   で、やってた時に突然「僕、他のバンドはいるから」って
   細野さんがいなくなっちゃって(笑)、

   で、それが忠さんのバンドで。エイプリルフールだった。

小坂:いや……それは違うな。時間的にズレがある。
   だってさ、僕、その野上くんの新年パーティーの時に
   細野くん誘ったんだもん。給料袋見せて(笑)。

鈴木:ロコツだなー(苦笑)。

小坂:彼は大学卒業したんだけど、就職しそびれてたんだよね。
   で、僕らのバンドに就職するって(笑)。

鈴木:そうか…。
   それで僕らの方は突然ベースがいなくなっちゃったんで、
   小原くんに声をかけて、林くんと3人で。

小坂:…すいませんね(笑)。

鈴木:いえいえ(笑)。



そしてファースト&ラストの思い出話などをしつつ、曲はアルバム「ほうろう」から"機関車"と、さらに続けてタイトルソング"ほうろう"。うーん、いやーもう誰が何と言おうとやっぱり茂さんのギターはかっこいい! 唯一無二です、本当に。



小坂:僕の「ありがとう」の時も茂が弾いてくれたんだよね?
   モウリスタジオで。

鈴木:うん、弾いた弾いた。

小坂:あの時もねー…もう大変だったんだよね、"時間"が。

鈴木:ああー、時間ね!
   僕、昔っから時間かかるの有名なんですよ。(会場笑)

小坂:だけどね、時間かかっただけ、やっぱりアイデアがいい。
   聴くと、もう、顔が見えてきちゃうんだよね。茂の顔が。
   それくらい個性的で、素晴らしい演奏です。

まったくもって忠さんの言うとおり。そして最後の1曲は茂さんの曲ということで"氷雨月のスケッチ"。茂さんのギターも、忠さんのヴォーカルも、泣けるほどによかったです!




********************************

セットリスト 27日 / 28日

<中編>へ続く


(reported by OMIZU-san)
<updated March 20, 2007>



top page - essay - event - weekly chu's day - guest book - extra library



株式会社トラミュージック
■東京都新宿区片町1番2号ダイアビル4F Tel:03-3355-4131 Fax:03-3358-5218 Contact us
copyright(c)1999- MICHTAM Records Co.,Ltd. ; created by shika.