top page extra library

essayeventweekly chu's dayguest book


 extra libraryのtopへ

写真レポート
『2005年8月22日(月) 小坂忠 LIVE in 常呂町』



8月22日、向かったのはオホーツク海の漁港、常呂町。
潮の香りに包まれた町の公民館で現地スタッフの皆さんがあたたかく迎えてくれました。
この日、PAを担当してくださったのは、町の漁師さん。
音響機材は町の音楽好きの人達でコツコツと集めていったそうです。


会場の準備と入念なリハーサルを終えて、18時30分。
いよいよ待ちに待ったライブがはじまりました。


白と黒の衣装にサングラスをかけての登場に会場におぉぉぉっとどよめきが!!

一曲目は「I LOVE PEOPLE」。
1人1人へ語りかけるような、優しくあったかい歌声が会場を包み込みます。


「機関車」に続き「ほうろう」と名盤からの選曲に歓声が湧き上がりました。
アトランタオリンピックの女子マラソンを題材にした「勝利者」では
力強いメッセージにお客さんも勇気付けられた様子です。
しかし、この日の勝利者にはいつもと違うある秘密が隠されていました。
ライブ終了後につかつかつか・・・ときたのは・・・??
そう、なんとあの有名なマラソンの瀬古監督!
選手時代の思い出が駆けめぐったのでしょうか?「今度は僕の歌も作ってくださいね」
と約束??したとかしないとか。。


楽しい時間もあっという間に過ぎ、残すところあと2曲に迫りました。

実は、ある船乗りのお父さんが、大海原で数々の試練の中での想いを歌った曲だという「セイリング」にはPAの方も感動のご様子(笑)
お客さんはもちろんスタッフの皆さんも共に口ずさんでいました。
そして、最後の曲は「君は素晴らしい」。
MCでは「生きている価値の無い人なんて居ない。1人1人は高価で尊い。」というメッセージを通して一人一人に命の尊さを語りかけてくれました。
曲を聴きながら涙ぐんでいる方もいました。


こうして、感動の中でライブが終了!とは行きませんね(笑)

アンコールの手拍子が次第に強くなり、拍手の中再び登場!

BIRTHDAY、WHAT A WONDERFULL WORLDでアンコールに応えてくれました。

オホーツクの雄大な自然と常呂町の人々の暖かさに包まれた素晴らしいコンサートでした。


●セットリスト
1.I LOVE PEOPLE
2.早起きの青い街
3.さよならカラー
4.イエスは光
5.機関車
6.ほうろう
7.HE CAMES WITH GLORY
8.I BELIEVE IN YOU
9.REFRAIN
10.勝利者
11.POWER OF LOVE
12.AMAZING GRACE
13.SAILING
14.君は素晴らしい
An1.BIRTHDAY
An2.WHAT A WONDERFULL WORLD


<updated September 22, 2005>



top page - essay - event - weekly chu's day - guest book - extra library



株式会社トラミュージック
■東京都新宿区片町1番2号ダイアビル4F Tel:03-3355-4131 Fax:03-3358-5218 Contact us
copyright(c)1999- MICHTAM Records Co.,Ltd. ; created by shika.