top page extra library

essayeventweekly chu's dayguest book


 extra libraryのtopへ

写真レポート
『5/4 春一番Live@大阪!!』

全国的にすっきりとすがすがしいお天気になったゴールデンウィーク。小坂の2本の野外ライブも大興奮のうちに終わりました。

今回は新しい試み!全国の小坂忠フリークの中から、ゲストブックでも大活躍(?)のお二人、HIRO&おみず臨時特派員に、『“ファンの目線で見る”小坂忠の魅力!ライブレポート』と題して5/4の春一番・5/5の茅ケ崎ライブを語っていただきました。



5月4日は朝から快晴!
開演の30分以上も前から、野音入り口には既にかなりの列が...

次々と演奏は続き、6番目...いよいよ忠さんの登場です!
司会のアベさんから「忠さん、小坂 忠〜!」という紹介に、会場全体から「わぁ〜!」と大歓声!!!


それまで席に座っていた人たちも次々とステージ前に集まり始め、期待高まる中登場した忠さんは・・・サングラスにアロハシャツ姿で めっちゃカッコイイ!


そして何と一緒に出てきたのは去年の関西シークレットライブでも感動をくれたマーさんバンドじゃないですか! 嬉しかった〜。
そして始まったこのライブ。一曲目は"ほうろう"
長めのイントロで観客をあおり、「このテンポならぁ〜」の歌いだしで再び大きな歓声が!!曲が進むにつれてコーラスの輪が広がり、サビの「ほうろう、ほうろう〜」の頃には、ステージ前は人・人・人!!!サイドでも大勢の人が歌い踊っています。


1曲終わったところで
「春一、30年ぶりです......生きててよかったねぇ〜」
の忠さんの言葉に、場内爆笑。
そして始まったのが"機関車"


ここでもスゴイ歓声。この歌を聴ける喜びがひしと伝わってきます。
この曲はナマで聴くたびに違った印象を残してくれるのですが、今回も全然違ったアレンジで、静かなんだけれども心の奥にまで伝わってくる力強さを感じました。タコさんのスチールも冴え渡ります。。。


そのまま"I believe in you"、"君はすばらしい"と続き、ラストの"Sailing"も磨きのかかった声でしっとりじっくり聴かせてくれました。


<忠さん=牧師さん.ゴスペル>のイメージが強かったけれど、何とサングラスにアロハ姿で登場して(笑)、懐かしい曲を昔以上の素晴らしさであんなかっこよくやってくれるなんて驚いた ...なんて感想も。

とにかく、この日の忠さんは多くの人に衝撃を与えた事は事実です!そして 忠さんに対する熱い思いを持ち続けている人が 関西にもいっぱいいるって事をまた改めて感じました。

ステージを終えた忠さんは、舞台袖で風太さんとしっかり抱き合っていました。

以上、夢のような感動的な忠さんの春一ライブを体験でき、未だにその余韻から?醒める事が出来ずにいる、私HIROがお伝えしました。忠さんもハードなスケジュールが続き大変だと思いますが、くれぐれもお身体ご自愛ください。またお会いする日を楽しみに!


(reported by: HIRO-san)
<updated May 12, 2005>



top page - essay - event - weekly chu's day - guest book - extra library



株式会社トラミュージック
■東京都新宿区片町1番2号ダイアビル4F Tel:03-3355-4131 Fax:03-3358-5218 Contact us
copyright(c)1999- MICHTAM Records Co.,Ltd. ; created by shika.