top page extra library

essayeventweekly chu's dayguest book


 extra libraryのtopへ

写真レポート
『Year End & Count Down Party ダンパ気分でわくわくドキドキな行く年くる年!!』@Blue Jay Way



暮れも押し迫った12/30(木)、ダンパ「気分」の素敵な夜がはじまりました。
静かな原宿エリアにあるコンクリートの打ちっぱなしのおしゃれな建物の階段を下りると、美味しい食べ物とステージがあるライブハウス、そこは大人な雰囲気。


オープニングは今回のプロデューサー浜口茂外也氏率いる「浜口バンド」の演奏。
浜口茂外也(Per)、徳武弘文(G)、六川正彦(B)、新川博(Kb)、高杉登(Dr, Per)
息の合ったプレイは会場を盛り上げた。





世界に誇るギタリスト、Dr.Kこと徳武氏のベンチャーズサウンドが冴え渡るギターソロ。


最初に登場したスペシャルゲスト、ガロの「ボーカル」大野真澄氏。開口一番「この衣装、楽屋で忠に『金貸しみたいだな』って言われちゃったよー。」とのMCに会場は大爆笑!


往年の名曲、『学生街の喫茶店』も披露!「ぼーかるぅーー」と黄色い声援がとんだ。


つづいてのゲストは、赤い鳥、ハイファイセットの美しい歌声で有名な山本潤子さん。「ダンパ初体験なんです」とほほえみながら、ハイファイデビュー曲の『卒業写真』やキャロルキングなどしっとりと歌い上げる。観客も小坂もほれぼれ。


最後に登場したのは小坂忠。まずはお互い大ファンだという潤子さんとのDuet!みつめあいながら歌う「You’ve Got a friend」。お互いの声が交じり合って、素敵なハーモニー。二人のかもし出す世界にうっとり。


そして「ダンパだから踊れるのいきますよー!!・・・機関車」(笑)と始まった小坂忠ワールド。機関車・HORO・I believe in you・リフレイン・・・懐かしいメンバーと懐かしそうに往年の名曲たちを歌う小坂は本当に楽しそう。




「今日は忘れられない夜になりそう」と照れ笑い。


最後に『Birthday』を歌いながら、「これは前祝いで・・・」と。実は今日は潤子さんのお誕生日。最後にライブハウスからケーキ、そしてみんなからハッピーバースデーの歌のプレゼント!!


ライブの最後にはもういちど、全員登場!なんと大野さんは衣装をチェンジ!
「これで金貸しには見られないだろ-」とまた爆笑。ビートルズDon’t let me downで盛り上がったところに、またまたサプライズ!




お客様できていた、かまやつ氏を「一緒にやりましょう!」と誘い入れ、みんなで「Stand By me」そして「Twist & Shout」。さすが『ダンパ世代』大盛り上がりでライブ終了!




拍手が鳴り止むはずもなく、アンコール!ここで誕生日をお祝いし、「潤子さんにフォーカスです(^_-)」と『500マイル』と『翼を下さい』を歌い上げる。


楽しい年越しの夜は本当にいい雰囲気の中、こうして過ぎていきました。最後はみんなでぱちり。



<updated January 13, 2005>



top page - essay - event - weekly chu's day - guest book - extra library



株式会社トラミュージック
■東京都新宿区片町1番2号ダイアビル4F Tel:03-3355-4131 Fax:03-3358-5218 Contact us
copyright(c)1999- MICHTAM Records Co.,Ltd. ; created by shika.