2001年12月20日(木)

小坂忠&FRIENDS 2001

12月16日(日)東京厚生年金会館で行なわれた、一夜限りの奇蹟のライヴ。今でも思い浮かべるだけで目頭が熱くなる。あの感動は衝撃となり、新たな期待へとなった。
当日、惜しくも来ることが出来なかった方にはちょっとその雰囲気を味わって頂き、また来場された方も是非この写真館で、あの感動をリプレイしてみてください。

shashinkan01c1.jpg
リハーサル風景。開演まであと2時間。仕上がりはバッチリ。

shashinkan01c2.jpg
いよいよ開場。

shashinkan01c3.jpg
第一部、ヒックス・ヴィルとのステージ。”僕の部屋”でアットホームな雰囲気。
このアコースティック感がたまらない。

shashinkan01c4.jpg
愛用のGibson J-50のギターで『ありがとう』を。渋いヴィンテージな音が響いていた。

shashinkan01c5.jpg
一部が終了し、休憩中の特製パンフレットとTシャツ販売コーナー。(買い逃がした方はメールで買えます)

shashinkan01c6.jpg
第二部は待ってましたの「FRIENDS」が登場。そして1曲目から『機関車』を熱唱。

shashinkan01c7.jpg
5曲目の『Knocking on your heart』からコーラスに加わったBrenda、Asiah、Glynis。
FRIENDSのメンバーも、極上のテイストでこの上なく素晴らしい演奏を聞かせてくれた。

shashinkan01c8.jpg
アンコールpart1でコーラスの「SMOOTH ACE」を呼び込む。見事なアカペラで『I Love People』を聴かせてくれた。楽しそう!

shashinkan01c9.jpg
『夢を聞かせて』で再びFRIENDSの登場。細野さんと固い握手をかわす。

shashinkan01ca.jpg
アンコールでは『しらけちまうぜ』を出演者全員、そして客席もスタンディングで熱唱!この曲は26年間封印されていた曲。カバーされた曲ではく、本物の歌声に涙したファンも多かった。
1曲だけのためにかぶった帽子姿も決まっている。

shashinkan01cb.jpg
コンサート終了後、娘のAsiahと。
 「ぜひ次の機会が来る事を期待してください」by 小坂 忠

管理者用