2008年11月12日(水)

『2008/10/30 祝!センチメンタル・シティ・ロマンス35周年』

冬の到来を予感させる肌寒さと、心地よい秋晴れが続く毎日。
いつものように沢山の人々で賑わう渋谷のライブハウス『CLUB QUATTRO』
で盛大なパーティーがはじまります!!

この日は73年の結成以来、多くのファンに支持され続けている
『センチメンタル・シティ・ロマンス』の35周年記念ライブです。

report20081030_01.jpg

開場前から入口には長蛇の列!!
お客さんは待ちきれない様子でざわめき、賑わっています。

次から次へと人が集まり、会場はあっという間にお客さんで
埋め尽くされてしまいました。

開演までの時間は会場のスクリーンに35年の歴史を感じさせる写真が上映され、
その映像にファンも懐かしそうに見入っていました。

盛大な拍手と歓声に迎えられ『センチメンタル・シティ・ロマンス』のメンバー
が登場!!
今回はサポートメンバーにパーカッションも加わり“6センチ”(笑)

1曲目の“ロサンゼルス大橋Uターン”を皮切りに盛大なパーティーが始まりました!!

report20081030_02.jpg

MCの度に「打ち上げの事でアタマがいっぱいだから(笑)」と中野さん(笑)
終始お客さんを笑わせてくれます。

ウエストコーストサウンド、心地良いコーラスワークが会場を興奮の渦に巻き込
んだまま第1部が終了し、いよいよ豪華ゲストを交えた第2部がスタート!!

まずオープニングをかざるゲスト、いよいよ忠さんの登場です!!

report20081030_03.jpg

1曲目の“ほうろう”で、一瞬のうちにお客さんは引き込まれ体がリズムに乗って
いました。
MCでは、中野さんに「話が長くなるから」とツッコミを入れたり、
なかなか噛み合わない告井さんとの会話にはお客さんも爆笑。

report20081030_04.jpg

“機関車”でじっくり聴かせてくれた後は“ゆうがたラブ”で会場がヒートアップ。
センチの演奏による濃縮された忠さんの名曲3曲はこれまでにない興奮と熱気で
楽しませ、聴かせてくれました。

report20081030_05.jpg

続くゲストも豪華な顔ぶればかり。
シークレットで参加の竹内まりやさんは
“突然の贈り物”“デスペラード”を披露した後、
なんと「助っ人」として山下達郎さんがギターで参加!
突然の夫婦共演で歌う“人生の扉”に会場は大興奮でした。

ところで
山下達郎さんは忠さんの75年の名盤“ほうろう”にコーラスで参加しているんです
よね。30年以上?ぶりの久々の再会を楽しんだようです。

続く伊勢正三さんは名曲“なごり雪”を含む3曲を披露。

report20081030_06.jpg

そして最後のゲストは加藤登紀子さん。細井さん、告井さんと古くから親しく様
々な活動をされているとの事で、昔話を交えながら、1983年告井さんのプロ
デュースによる曲“モンスーン”も聴かせてくれました。

report20081030_07.jpg

ラストの曲は再びゲストをステージに招き加藤登紀子さん、伊勢正三さん、そし
て忠さんが再登場!
センチの名曲“雨はいつか”をみんなで熱唱。
アンコールを含めた興奮の2部が無事終了しました。

report20081030_08.jpg

忠さんはもちろん、最後のMCまで「打ち上げでアタマいっぱいだから(笑)」と言い
続けていた中野さんをはじめセンチのメンバー、ゲストの皆さん、そして会場
いっぱいのお客さん全員が一体となって35周年記念ライブを満喫していました。

皆さま、楽しい夜を本当にありがとうございました。

report20081030_09.jpg

●セットリスト

(一部)センチメンタル・シティ・ロマンス

1. ロサンゼルス大橋Uターン
2. 歌さえあれば
3. ステッキスキップ
4. Mambo Jambo
5. 明方小話
6. 時は流れても
7. 夏の日の思い出
8. U.S.タイムマシーン

(二部)ゲスト出演

1. ほうろう/小坂忠
2. 機関車 /小坂忠
3. 夕方ラブ/小坂忠
4. 突然の贈り物/竹内まりや
5. デスペラード/竹内まりや
6. 人生の扉/竹内まりや・山下達郎
7. スモークドガラス越しの景色/伊勢正三
8. 海風/伊勢正三
9. なごり雪/伊勢正三
10. モンスーン/加藤登紀子
11. ネバーギブアップトゥモロー/加藤登紀子
12. レボリューション/加藤登紀子
13. Highway Song
14. 雨はいつか/加藤登紀子・伊勢正三・小坂忠

(アンコール)
1. 風景
2. あの娘の窓灯り

●メンバー

センチメンタル・シティ・ロマンス
告井延隆、中野督夫、細井豊

サポートメンバー
野口明彦、瀬川信二、本田タコ坊

ゲスト
伊勢正三、加藤登紀子、小坂忠
スペシャルゲスト
竹内まりや、山下達郎

管理者用