top page - chu's voice - news - album - biography - guestbook


⇒感想はこちらへ 
Photo EssayMessage写真館
小坂忠写真館へようこそ。

ライブ写真集:原宿Blue Jay Wayニューイヤーライブ <updated February 5, 2004>
ライブ写真集:小坂忠&NEW BLOOD TOUR(大阪) <updated May 8, 2003>
ライブリハーサル写真集:小坂忠&NEW BLOOD TOUR(リハーサル) <updated April 18, 2003>
ライブ写真集:六本木スイートベイジル STB139「Love Peple Concert in Tokyo」 <updated September 19, 2002>
ライブ写真集:Peaceful Easy Feeling(茅ヶ崎ヘッドランド・ビーチ) <updated May 11, 2002>
ライブ写真集:小坂忠&FRIENDS 2001 <updated December 20, 2001>
インストアTalkイベント写真集 <updated November 22, 2001>
「People」レコーディング写真集 <updated September 20, 2001>
ライブ写真集:MEET THE WORLD BEAT 2001 <updated September 20, 2001>
ライブ写真集:ローランド ゴスペルミュージック・プレジャー・コンサート <updated July 5, 2001>
ライブ写真集:Tin Pan CONCERT 1975/2001 <updated May 12, 2001>
ライブ写真集:Groove Dynasty 2000 <updated May 12, 2001>
フィンランド写真集:Maata Näkyvissä festival <updated January 11, 2001>


ライブ写真集:六本木スイートベイジル STB139「Love Peple Concert in Tokyo」

南は福岡、北は室蘭で6月、7月と行なわれたアコースティックライブ「小坂忠 Love People Concert」。
2ケ所だけではもったいない、という声が多い中、東京でのライブが六本木スイートベイジルで実現。
メンバーは「Love Poeple Concert」のために特別に編成されたが、このメンバーで行なうライブは東京で見納め。
美味しいお食事を堪能し、ティンパンとの緊張感とは一味違う、ゆったりとした雰囲気の中、大人のアコースティックなサウンドが溢れるライブが行なわれた。

メンバーは昔馴染みの佐藤博さん(key)、浜口茂外也さん(Per,Dr.)。このライブではお二人の渋い歌も披露。
そしてギターに「世界遺産」のテーマソングでお馴染みの鳥山雄司さんが加わり、アコースティックバージョン「世界遺産のテーマ」を演奏するなど、其々の世界も堪能させてくれた。
コラースには、昨年の東京厚生年金会館のコンサート依頼のお付き合いとなった、ヒックスヴィルの真城めぐみさん。
そして今回ロスから帰国中のAsiahが東京ライブのみ特別に加った。

(本人からのコメントが、このページのラストにあります。)


■この日、亀有での礼拝、午後のチャペルコンサートを終え、大急ぎでリハーサルに駆け込んだ。
Openまであと2時間!


■リハーサルの様子。緊張しながらも、リラックスした感じが伝わってくる。

■まだ蒸し暑さの残る、午後6時前。外にはたくさんの人が並んでこの時を待っていてくれた。
雨が降らなくてよかった〜!


■美味しいお食事を堪能した感の客席のライトが消え、テーブルのキャンドルがほのかな明かりを灯し、颯爽と登場。見事なハーモニーで「I Love People」からライブがスタート。

■深みを増した「氷雨月のスケッチ」。「このメンバーでやるのは、これが最後。楽しんでください」と一番思い出の深い「機関車」。


■次の曲は「○○○○」なのに、「夢を聞かせて」の気分になっていた佐藤博さん。会場がさらに和みました。
本当は「ほうろう」でした。


■「一粒で2度美味しい、すばらしい仲間の其々の世界を堪能してください。」と、一番手の浜口茂外也さんが「Under the Mango Tree」を。
本当にジャマイカにいるかのような心地よい「モツWorld」
そして「Save the Last Dance for Me」


■「世界遺産級」のギターを聴かせてくれた鳥山雄司さん。曲はもちろん「Song of Life」
ピアノとパーカッションとのアコースティックバージョンは感動でした。(写真はリハーサル時)


■次は「佐藤博World」渋い「Baby what you want me to do」、そして「トムソーヤの日」


■「Jesus loves Me〜Amazing Grace」をメドレーで。圧巻でした。


■ライブでは初めて披露する「勝利者」(アルバム「peace3」より)
「女子マラソンを見ていて、最後にフラフラになりながらもそれでもゴールを目指すランナー。これこそが本当の勝利者だな、と思いました。僕もどんなことがあっても諦めない人生のランナーになりたい。」(「peace3」収録)会場は深い感動で包まれた。


■お馴染みになってきた「今日誕生日の人いる?」
会場に一人を見つけ、即興で「Happy Birthday to You」をステージと会場からプレゼント。
そしてラストソング「Birhtday」!


■アンコールでは「ゆうがたラブ」
そして「恵みの雨」を。こちらも初披露(アルバム「peace3」収録)


■会場も名残惜しい様子。惜しみない拍手の中、再びメンバーがステージに!!
やっぱり、Last of Lastはこれでしょう。「しらけちまうぜ」

 会場の中には、言葉を失うほど感動して、立ち上がれないでいる人も見受けられた。

「僕の場合、次はいつやるかわからないから。だってこの間の「People」だって25年振りだからね(笑)」

一つ一つが貴重なライブ。次にあるのはいつぞや・・・。
その時はホームページ、メルマガでいち早くお知らせします!
<updated September 19, 2002>


top page - chu's voice - news - album - biography - guestbook



株式会社トラミュージック
■東京都新宿区片町1番2号ダイアビル4F Tel:03-3355-4131 Fax:03-3358-5218 Contact us
copyright(c)1999- MICHTAM Records Co.,Ltd. ; created by shika.