top page - chu's voice - news - album - biography - guestbook


⇒感想はこちらへ 
Photo EssayMessage写真館
小坂忠写真館へようこそ。

ライブ写真集:原宿Blue Jay Wayニューイヤーライブ <updated February 5, 2004>
ライブ写真集:小坂忠&NEW BLOOD TOUR(大阪) <updated May 8, 2003>
ライブリハーサル写真集:小坂忠&NEW BLOOD TOUR(リハーサル) <updated April 18, 2003>
ライブ写真集:六本木スイートベイジル STB139「Love Peple Concert in Tokyo」 <updated September 19, 2002>
ライブ写真集:Peaceful Easy Feeling(茅ヶ崎ヘッドランド・ビーチ) <updated May 11, 2002>
ライブ写真集:小坂忠&FRIENDS 2001 <updated December 20, 2001>
インストアTalkイベント写真集 <updated November 22, 2001>
「People」レコーディング写真集 <updated September 20, 2001>
ライブ写真集:MEET THE WORLD BEAT 2001 <updated September 20, 2001>
ライブ写真集:ローランド ゴスペルミュージック・プレジャー・コンサート <updated July 5, 2001>
ライブ写真集:Tin Pan CONCERT 1975/2001 <updated May 12, 2001>
ライブ写真集:Groove Dynasty 2000 <updated May 12, 2001>
フィンランド写真集:Maata Näkyvissä festival <updated January 11, 2001>


ライブ写真集:MEET THE WORLD BEAT 2001

7/22(日)大阪・万博記念公園もみじ川芝生広場で大阪のラジオ局、FM802が主催する「MEET THE WORLD BEAT 2001」のイベントに小坂忠&FRIENDS(細野晴臣、鈴木茂、林立夫、浜口茂外也、佐藤博、佐橋佳幸)が出演した。
当日、大阪はこの夏一番の暑さを記録。1時から始まったステージではFUNKYステージ・HOTステージの2ヶ所を使ってライヴパフォーマンスが繰り広げられた。出演者はDreams Come True、ゆず、山崎まさよし、ゴスペラーズ、鬼束ちひろ、真心ブラザース等々。シークレットゲストとして忌野清志郎、斉藤和義が登場。
紫がかった夕暮れの中、ラストを飾ったのは「小坂忠&フレンズ」!!なつかしの「ほうろう」そして、新曲を併せて歌声と貫禄のステージに酔いしれる30分であった。ラストセッションでは70年代の「風をあつめて」を若手アーティストで歌い、ラスト曲「アメイジング・グレイス」では小坂忠のアカペラに吉田美和さんがかけあう二人のハーモニーに圧巻!会場からも自然と拍手が湧き上がっていた。そしてこの6時間にも及ぶライブの閉めの一言となったのは、小坂忠の「God Bless You!」 暑い中最後まで聞いてくれた人たちへの最高のお礼と祝福のことばとなった。
25年間もメジャーのステージから離れていたのに、現代の若いアーティスト達からは、特別にリスペクトされたアーティストとして小坂忠はその日輝いていた。


会場の熱気は気温以上に熱かった!
「小坂忠&フレンズ」の出番の頃は紫色の夕焼けがムーディーに演出した。


まず第一声は、「お久しぶりです。」
そして大切なフレンズ6人を紹介。 (細野晴臣、林立夫、鈴木茂、佐藤博、浜口茂外也、佐橋佳幸)


声と演奏の魅力が爆発のステージ
[曲目]
1.I BELIEVE IN YOU(新曲)
2.ほうろう
3.機関車
4.BIRTHDAY(新曲)
5.ポンポン蒸気


誰もが息をのんだラストセッション。
Dreams Come Trueの吉田美和と「アメイジング・グレイス」をアカペラで熱唱、 さらに山崎まさよしのハーモニカも加わり、会場は最高潮に達した。
6時間にも及ぶライブは、小坂忠の叫ぶ「God Bless You!」で幕を下ろした

<updated September 20, 2001>


top page - chu's voice - news - album - biography - guestbook



株式会社トラミュージック
■東京都新宿区片町1番2号ダイアビル4F Tel:03-3355-4131 Fax:03-3358-5218 Contact us
copyright(c)1999- MICHTAM Records Co.,Ltd. ; created by shika.